ニュースリリース

2011年

  • 2011/02/02 日経ヴェリタスに弊社社長のインタビューが掲載されました(News)
  • 日経ヴェリタス(第151号 2011年1月30日~2月5日)12面(金融)に弊社代表取締役社長、徐志敏のインタビューが掲載されました。

    中国勢の対日M&A 食品・医薬など有望
    仲介大手JCD社長「衛生面で優位性」

    日中間のM&Aの現状や見通し等について語っております。
    ご興味のある方は、是非ご一読ください。
  • 2011/04/27 当社関連会社NaviCapital、中華全国工商聨合会新エネルギー商会の理事企業に選出(News)
  • 3月29日、中華全国工商聨合会新エネルギー商会の理事企業として、当社中国関連会社であるNaviCapital (領海藍海投資諮詢(北京)有限公司)が、理事としてマネージング・ディレクターで当社代表取締役社長の徐志敏が選出されました。任期は3年です。

    中華全国工商聨合会 新エネルギー商会(中華全国工商聨合会新能源商会)は、2006年1月13日に新エネルギー関連企業が主体となり、中国経済の持続的な発展と社会主義調和社会の建設を促進する目的で設立された非営利会員組織です。
    風力・水力発電、バイオエネルギー、太陽エネルギー、ガス、クリーン開発メカニズム(CDM)、燃料電池およびエネルギー分野の情報・コンサルティング業など新エネルギー関連分野の企業、団体、個人300数社(人)が加入しています。

    ■公式サイト
    中華新能源網 www.cnecc.org.cn 
  • 2011/10/01 第5回CVCF東京フォーラム、11月8日開催決定(News)
  • 中国投資業界の最新動向をお届けするチャイナ・ベンチャー・キャピタル&プライベート・エクイティ東京フォーラム。
    今年は11月8日(火)にシェラトン都ホテル東京にて開催が決定いたしました。
    詳細は、当ホームページを通じて随時発表してまいります。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
  • 2011/10/14 第5回CVCF東京フォーラム、お申込開始(News)
  • 中国投資業界の最新動向をお届けするチャイナ・ベンチャー・キャピタル&プライベート・エクイティ東京フォーラム。
    本日よりお申し込みを開始いたしました。 公式サイトよりお申込書をダウンロードの上、お申込ください。
    皆様のご参加を心よりお待ちしております。
  • 2011/11/11 第5回CVCF東京フォーラム、成功裏に閉会(News)
  • 11月8日に開催された第5回CVCF東京フォーラムは、おかげさまで定員を超える大変多くの方にご参加いただき、盛会のうちに終えることができました。スポンサー、講演者の方々をはじめ、当日ご参加いただきました皆様に、心より御礼申し上げます。今後も日中ビジネス交流の架け橋として皆様に有益な情報を発信し続けてまいります。
    どうぞ引き続きご支援のほどお願い申し上げます。
  • 2011/11/11 第5回CVCF東京フォーラムでの様子が、清華大学企業家協会HPにて紹介されました。(News)
  • 清華大学企業家協会(TEEC)は本大会の後援団体として、副主席の宋軍氏が第二セッションに登壇されたほか、鄭建偉氏(SBI&TH Venture Capital、マネージングパートナー)、向輝氏(TEEC事務局長)が来日されました。
    また日本からは同会会員である徐志敏(当社代表取締役社長)、倪正東氏(中国側主催企業Zero2IPO会長)が主催する投資フォーラムということもあり、日本在住の清華大学出身者が集まり、旧交を温めました。
    ■清華大学企業家協会HP 「TEEC日本商務考察円満成功」(中国語)
  • 2011/11/16 第5回CVCF東京フォーラムの模様がDeal Watchに掲載されました。(News)
  • トムソン・ロイター・マーケッツ株式会社が配信する金融情報サービスDeal Watchに今年のCVCFの様子が紹介されました。
    “Equity Market Pointer:CVCF東京2011、新エネルギー開発と中華圏上場を議論”として、特に今年注目された2つのテーマについて紹介されています。
  • 2011/12/14 当社代表取締役社長徐志敏、清華大学企業家協会・日本分会長に就任。(News)
  • 当社代表取締役社長徐志敏が清華大学企業家協会の日本分会長に就任いたしました。

    今後、中国屈指の名門である清華大学出身者との人脈を活用し、日本国内および日中間の経済活動の活性化に尽力してまいります。

    ■清華大学企業家協会(Tsinghua Entrepreneur & Executive Club)
    清華大学出身者によって設立されたハイテク分野での技術革新と起業を促進するための組織。
    「他人からの手助けに感謝し(受助)、互いに助け合い(互助)、進んで他の清華出身者の手助けをする(助人)」を設立目的とし、ハイテク分野における起業と発展のためのステージを提供すると同時に、次世代を担う潜在的企業家を育成している。
    協会HP:http://www.teec.org.cn/

    ■日本分会
    日本国内での清華大学出身者における結びつきを強め、ビジネス上でのWIN‐WIN関係を築くため、弊社代表・徐志敏が発起人となり2011年6月より準備活動をスタート。
    11月にはTEEC理事である倪正東氏が代表を務めるZero2IPO社とともに中国のVC・PE投資および日中間の投資トレンドなどをテーマとした金融フォーラムを開催。TEEC副会長である宋軍氏をパネリストに迎えた。
    また、同フォーラムには、日中在住の清華大学出身者が集い、旧交を温めるとともに日本分会設立に向けての強い決意を確認、2011年12月に正式設立となった。

    【会      長】徐 志敏(株式会社ジェー・シー・ディ 代表取締役社長)
    【副 会  長】閻 力大(華為技術日本株式会社 代表取締役社長)
          孔 令傑(Think Digital株式会社 代表取締役社長)
  • 2011/12/16 当社代表取締役社長徐志敏、湖南省商務庁駐日代表に就任。(News)
  • 当社代表取締役社長徐志敏が湖南省商務庁の駐日代表に就任いたしました。

    湖南省は長江中流域に位置し、中部勃興政策を進める中国中部6省(安徽・山西・江西・河南・湖北・湖南)の対象地域であり、長株潭都市群(省都である長沙をはじめ株洲、湘潭および周辺都市から構成)を中心に、直近5年連続域内GDPが13%以上の経済発展を遂げています。

    近年、電気自動車関連産業、新エネルギー、バイオ医薬品、食品加工関連産業を重点的に育成しており、代表的な企業として中国最大の重機メーカー三一重工、三菱自動車と提携している長風自動車、中国版新幹線メーカー南方機車、電気自動車用電池メーカー科力遠、先端農業の隆平高科等があります。

    商務庁は、国内外の貿易、国際経済協力、外資誘致などを司る部門であり、今後当社は代表の徐を中心に、湖南省商務庁の日本での窓口として、日本の政府、商工会議所、企業等と更に良好な関係を築き、経済、技術、投資、貿易などの分野で日本と湖南省との交流促進に一層尽力していきます。

    ■湖南省概要
    位置:長江中流域に位置する内陸省。洞庭湖の南側にあるため湖南と呼ばれる。
    略称:湘
    省都:長沙市
    総面積:21.18万㎡(全国11位)
    人口:7,090万人
    GDP:約3,000億米ドル(2011年見込、2010年全国10位)
    主な産業:機械、自動車、鉄道車両、医薬品、紡績。豊富な埋蔵量を誇るレアメタル等非鉄金属の採掘・冶金業も盛ん。
  • 2011/12/16 当社代表取締役社長徐志敏、北京僑商会常務理事に就任。(News)
  • 当社代表取締役社長徐志敏が北京僑商会の常務理事に就任いたしました。

    今後は日本と中国を結ぶゲートウェイ企業としての役割を再認識し、中国事業における“ヒト・モノ・カネ・情報”の交流の活性化をはかるため、中国のみならず世界の華僑・華人とのつながりを深めてまいりたいと存じます。

    ■北京僑商会
    北京僑商会は北京市政府主導で1995年に設立した世界各国の華僑・華人及び香港・マカオの同胞、北京在住の僑商(華人企業家)からなる非営利団体で、現在20数カ国200名以上の会員を有しています。
    設立主旨として華僑・華人による北京での企業活動の活性化、華僑・華人との交流および提携の促進、華僑・華人投資企業の発展と技術向上および権益保護が掲げられています。
    また、現在会長職は香港籍の女性華人企業家・陳麗華氏が務めています。