会社概要

グループ沿革

投資 ITソリューション モバイル・インターネット 会社情報

1993年 7月  日中新世紀開発株式会社を設立(資本金3,400万円)
1996年 4月  株式会社ジェー・シー・ディに社名変更
1998年 10月  資本金を5,000万円に増資
2001年 5月  資本金を8,000万円に増資
6月  中国子会社・北京移動納維信息科技服務有限公司(MNC)を設立
7月  中国情報産業省からICP(インターネット・コンテンツ・プロバイダ)免許を取得 【MNC】
9月  資本金を1億3,000万円に増資
11月  資本金を1億8,044万円に増資
2002年 5月  中国移動のモバイル付加価値サービス“移動夢網(Monternet)”商用試験開始に伴い、日系企業として初めてモバイルコンテンツ(着メロ・待受画像・文字情報)を配信(9月より正式課金スタート)【MNC】
10月  資本金を2億5,514万円に増資
2003年 7月  中国聨通のモバイル付加価値サービス“互動視界”有料配信開始に伴い、コンテンツ(着メロ・待受画像・文字情報・ミニゲーム)を配信【MNC】
2004年 1月  上海微創軟件有限公司(上海市政府と米国マイクロソフト社の合弁)と中国アウトソーシング開発で業務提携
3月  資本金を2億7,126万円に増資
4月  現地子会社・北京通聯星空信息科技服務有限公司(ALK)を設立
6月  中国情報産業省から中国全土向けSPライセンス(第2種通信事業者)を取得 【MNC】
10月  中国初となる2次元バーコード対応の電子映画チケット配信サービスを開始 【MNC】
 資本金を6億8,000万円に増資
2005年 11月  北京博聖苑線影視科技有限公司と映画電子チケット配信会社・北京捷通無限科技有限公司(ELT)を共同設立 【MNC】
2006年 1月  資本金を8億8,000万円に増資
11月  北京楽撲盛世国際文化伝播有限公司(LP)を設立、デジタル音楽制作事業へ進出 【MNC】
2007年 2月  中国デジタルテレビ(DTV)ICチップ主要ベンダー・凌訊科技(レジェンド・シリコン)に出資
4月  株式会社ジェー・シー・ディの事業を投資コンサルティング及びインキュベーション事業へ集約。システムソリューション事業を本社から分割して、株式会社JCDソリューションを新設
9月  中国のベンチャー投資、プライベートエクイティ投資をテーマとした“チャイナ・ベンチャー・キャピタル&プライベート・エクイティ・フォーラム(略称:CVCF)”を中国投資情報サービス企業・Zero2IPOグループと共同で開催。以後、毎年秋に東京都内で開催
 世界で活躍する中国系経済人が一同に介する国際交流イベント・世界華商大会(第9回、日本初開催)において、華商投資・金融フォーラム委員会と共同で投資・金融フォーラムを主催
11月  北京清大康健信息科技有限公司に出資、ヘルスケア情報サービス分野へ進出 【JCD・MNC】
2008年 2月  中国食品添加物製造大手・山東中軒(デオセン)に出資 【Navi Fund】
5月  中国モバイルブロードバンドキャリア・艾維通信(エアウェイ・コミュニケーションズ)に出資
6月  中国で事業展開するベンチャー企業への投資ファンド・ナビファンドを結成
2009年 6月  中国モバイルテレビ(CMMB)主要チップベンダー・創毅訊聯(イノフィディ)に出資【Navi Fund】
2010年 2月  中国企業が出資するマーライオン・ホールディングスと日本の老舗ゴルフクラブメーカー・本間ゴルフとの資本提携にファイナンシャル・アドバイザーとして参画
6月  株式譲渡により鈴与シンワート株式会社と資本提携し、業務提携範囲を拡大 【JCDS】
7月  中国漢方系医薬品製造大手・歩長製薬(ブーチャン・ファーマシー)に出資 【Navi Fund】
2011年 4月  中華全国工商聨合会新エネルギー商会の理事企業に就任
6月  中国大手企業出資会社による日本のゴルフ場買収案件において、ファイナンシャル・アドバイザーとして参画
2013年 4月  中国に加え、香港、タイ、インドネシアを中心とした東南アジア企業と日本企業との資本・業務提携支援を開始
7月  株式会社ジェー・シー・ディ 創業20周年を迎える
2014年 2月  本社オフィスを台東区東上野から中央区晴海に移転
2017年 2月  本社オフィスを中央区晴海から千代田区紀尾井町に移転